イメージ画像

薬剤師になるためのみちのり

薬剤師になりたいと夢を持っている方にとって、どのようにすれば夢が叶うのか?と気になるところです。 まず、薬剤師と言うのは国家資格ですので国家試験を受けなければいけません。ただし、誰でも受験資格を有しているというわけではありません。

一番分かりやすい受験資格としては、6年制の薬学に対する知識を身につけるカリキュラムを修業していなければいけません。このことから必然的に薬学部にて勉強を行い、基礎知識や実験を通じて薬学の知識を習得する必要があります。その薬学を学べるカリキュラムを持っている施設というのは、主に私立大学や国立大学に限られます。

私立と国立の違いは大まかに説明すると学力の差にもなりますし、国からの補助を受けている国立大が大学に入学することは、授業料を抑えて勉学に励むことができるというメリットがあります。

国立大学の6年制薬学カリキュラムを受講する場合、およそ6年間で400万円にのぼります。通常の学科と比べると実験代や教材費がかさむため、授業料が高いイメージがある中では、比較的金額はリーズナブルと言えます。 かたや6年制の私立大学の場合、およそ6年間で1200万円にのぼります。

全く同じとはいいませんが、同じ学科で勉強しているにも関わらず金額の差は大きく可能ならば国立大学で勉強をした方が経済的負担を楽にしてくれることは明白といえます。

少しでも経済的な負担を抑える場合には、特待生に選出されることが唯一の方法といえます。ごく少数になりますが、学科の中できわめて成績の良い生徒に送られる制度であり、授業料の一部免除や報奨金として金銭を受け取ることもあります。大学によって選出人数や方法はことなりますが、薬学の勉強を一生懸命すると報われる制度といえます。

もちろん、他の学部にもある優待制度です。一生懸命学生時代に勉強を行い、知識と薬学のいろはの基礎を身につけることで実際に社会に出て活躍できる人材となることを大学は望んでいます。ぜひ、薬剤師を目指す人は6年間しっかりと勉強をしていただければと思います。

このページの先頭へ